読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natuloveな日々

シンプルライフ 私の記録

リビングのカーテンを縫う。

【Sponsored links】

リビングにある掃き出し窓の薄手のカーテンをかえました。

{D304C1B8-6CC8-4AF8-8A09-EFD0FA0CC982:01}



引っ越した当初はオーダーカーテンを使っていましたが

そちらが破れてからは既製品を使ってきました。



昨年クッキーが我が家にやってきて

まだ買い換えて間もなかった薄手のカーテンも

あっけなくビリビリに…

そして今回、自作することにしました。



ここにも少しだけクッキーのイタズラの痕跡がありますが

こちらが今まで使っていた既製品のボイルカーテンです。

{E1A299C2-58ED-4D9D-BEF6-9F98F7A66F66:01}


ボイルカーテンですので、かなり透け感があります。


しかし今回、布地選びで重要視したのは透にくい素材、いう事。

我が家は通りに面してる上、極狭庭なので

薄暗くなると道路から部屋の中が丸見えになってしまいます。

加えてリビングの真正面にインターホンがある為

音が鳴った後 応える前に

外にいる人と目が合ってしまうという現象が度々起こります(笑)


子供達も大きくなってきましたし

プライバシーの問題も考慮し

次に買い換えるのならばミラーカーテンも有りかな

と視野に入れてはいたのですが

その風合いがどうもしっくり来ず…

かと言ってオーダーするには予算オーバーになってしまうので

今回作ろうと思ったわけですが

どうせなら好きな生地を選びたい!

そして今回選んだのがダブルガーゼの布地でした。

店頭ではリネン生地と迷いましたが、

柔らかい雰囲気が気に入り今回はガーゼ生地を選びました。





カーテンを縫うのは初めてですので

問題はレールに引っ掛けるフック部分をどう縫うか…


既製品のようにタックが入る作りにするには生地幅が足りないし

フラットカーテンにするにしてもある程度の補強が必要そうだなと…



取り外したカーテンを眺めていたら閃きました。


アジャスターフックを引っ掛けるこの部分には

補強の為かこんな物が挟んでありました

{621CABCC-F157-44F4-998E-C042A62D6DD0:01}

これをバラさずにかがり縫いをして
(切ってからだと寄れたりして縫いづらいので)

{6771F9DE-EF15-4520-922D-5FAAF7D6BDC6:01}

切って

{BB22C07A-3CA1-4EBE-8259-E028AC84AB38:01}

カーテンに縫い付けました。

{49132E82-B124-4402-81C2-C812DDD93C2A:01}







逆光で上手く撮れませんでしたが

完成図です。

{3288E1BF-ADBC-41B0-BF8C-B61638C94AF5:01}





取り付けてみて感じたのは

予想より透け感がなさすぎたかなぁという点です。

透けない分光も入りにくく少し部屋が暗く感じます。

{20179840-4922-41DB-ADB9-F598DBA4F96B:01}

そう考えるとガーゼ生地はダブルではなくシングルでも良かったのかもしれません。



しかし気に入った布を使い

捨てる予定の破れたカーテンの一部を再利用して出来上がったカーテンは

とても満足のいく物になりました。




【Sponsored links】