読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natuloveな日々

シンプルライフ 私の記録

壁紙を使ってドアを変身。過程編。

【Sponsored links】

今回はこちらの壁紙を使って変えていきます。

photo:01




ここ。

photo:02


キッチンの勝手口です。




我が家のキッチンはリビングと続きになっていて

3枚扉で仕切れる作りになっていますが

そこを締め切ると狭くなるので

真夏、真冬以外は開放しています。



キッチンは対面式ではないため

リビングからはこの勝手口がとても目に付きます。



勝手口の位置は変えられないので

せめて目に入った時、好きな雰囲気になる様

このアルミサッシのドアを

壁紙を使って木製のドア風に変化させる事にしました。




まず、マスキングテープと両面テープをはって

photo:03



壁に貼る時とはちがい

壁紙を貼った後から切るのは難しいので

ミリ単位で測り

ピッタリサイズに切った壁紙を貼っていきます。

photo:04

ドアノブや鍵もあるので慎重に貼っていきます。

と言いたい所ですが

そんな事は私にはできません。笑

ダイナミックにカットして

photo:05



結果、こんなにガタガタ(笑)

photo:06


しかし、意外にも木目柄のおかげで遠目にはわかりません。
(にしても、やはり気になるので、余った壁紙でやり直します→予定(笑)




が。

ある程度貼った所でトラブル発生。

ピッタリサイズに切りすぎたからか

隙間(遊び)が無くなってしまった様で

鍵が回らなくなりました。




深夜1時過ぎ

鍵を締めずに寝るわけにもいかず。

でも寒いし眠いし。

やけになってフリーハンドでカットしたら

ガッタガタになっちゃいました…

photo:07

ひどい…(笑)

photo:08

幸いにもこの部分、

先程の鍵&ドアノブ部分と繋がってる箇所なので

貼り直し決定です。






それから、役にたったのがこんな物。

photo:09

たった1㎜程なのですが、切り口が正面に向くと

それが白くてとても目立つので、そこを塗ったり、

貼った壁紙を引っ掻いちゃって裏地の白が見えてしまっても

クレヨンでサッと塗って指でボカせば

ほとんどわからなくなります。

子供たちの保育園時代のクレヨンが役立つとは。





そして、上の部分には

SPF材の廃材を丁度いい長さにカットして

ワトコオイルで塗り

カーテンボックス風に貼り付けました。

photo:10




続きます。




読んで下さりありがとうございました。

【Sponsored links】